バナー

小児歯科で行われる治療と予防

小児歯科では、子供を中心にした歯科治療が行われています。


子供は、大人を小さくした存在ではありません。


特に口の中は、乳歯が生えそろってから永久に替わるように、子供の成長と共に大きく変化しています。小児科では、歯が生え始める前の0歳から、永久歯がそろう中高生までを専門に扱っています。口の中の治療と言えば、虫歯をイメージします。



虫歯は一度できてしまうと、自然には治らないので、きちんと治療しなければいけません。



乳歯はそのうち抜けるから治療しなくても大丈夫と思われる方もいますが、永久歯に生え変わるためには健全な乳歯が欠かせません。小児歯科では、子供の口の中の状態と、気持ちを大切にして治療を進めていきます。


いきなり治療を強制されるのは、大人でも嫌なものです。

できるだけ、歯科医院に慣れてから治療をした方がスムーズですが、緊急を要するときは押さえつけて治療をしなければいけない時もあります。

そして、虫歯だけでなく、歯並びも小児歯科では大切です。口の中は、顎の成長とも密接に関わります。



顎の大きさと歯の大きさのバランスが崩れると、歯並びが悪くなってしまいます。

定期的に検診を続けることで、歯と顎の成長を見守ることができます。

また、虫歯にならないために、歯を強くするフッ素を塗る予防も行われています。

フッ素は市販の歯磨き粉の中にも配合されていますが、歯科医院では高濃度のフッ素を塗ることができます。歯の溝をあらかじめ塞いでおく、シーラントという治療もあり、口の状態に合わせて施術します。