バナー

かかりつけ医としての内科

日頃体調不良の時に受診する先が内科である人も多いのが実情です。

ただ、内科では対処が出来ない病気や怪我ももちろんあるでしょう。その場合であっても、別の専門医を紹介してもらえるように、日頃からまずは最初にかかるかかりつけ医を決めておくことが望ましいところです。



内科で対処が出来ればそこで治療は終了でしょうが、そうでない場合には別の医療機関へと転医を行うことで、スムーズに別の医療機関へと変わることが可能となります。


ただ、最初から完全に違うであろうと想像が付く診療科の場合もあるでしょう。怪我などで外科などの場合が想定されますので、その場合は最初からその医療機関にかかるようにするなど、考えて行動しなければいけません。

日頃から不調を感じ始めたら、早めにかかりつけ医に受診するようにし、早期発見早期治療を考えていくことが非常に重要です。
また、職場などで健康診断や人間ドックを受けて異常が見つかった場合には、その健康診断結果を医師に渡してその結果を踏まえて受診をすれば、より早く健康に戻ることが可能になってきます。
つまり、医療機関をあちこち受診することは避け、なるべく同じところの受診を続けるようにしていくことで、患者負担の医療費の削減にもつながりますし、健康管理もし易くなります。

OKWaveについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

いわゆるドクターショッピングは避けるようにして、なるべく受診する医療機関を絞り込むことで、健康管理をし易くすることが望ましいと言えるものです。