バナー

整形外科には2種類ある

整形外科は二つの病棟に分れていることがあります。
それは主に手術の前後をケアする急性期の整形病棟、もう一方はリハビリを中心としたリハビリ整形病棟です。



どちらも整形であることには変わりありませんが、看護師の役割などは全く異なります。まず手術を中心とした病棟では、整形では交通事故外傷やスポーツ外傷の人が多く訪れますね。

この場合は、緊急入院、緊急手術になることが多いです。

そのために、病棟もあわただしく、いつでも患者に対応できるように準備をしておく必要があります。

また腰の手術や首の手術、膝や股関節の人工関節を入れる手術になると予定手術になります。

教えて!gooの情報はここで調べよう。

いずれにしても手術を受けるために必要な看護技術や知識を有していることが必須ですね。

また手術後は全身管理や疼痛コントロールの知識も必要です。

一方リハビリを中心とした整形外科病棟では、患者がリハビリに前向きに取り組めるようにサポートしたり、リハビリの進み具合を見てADLの拡大を図るように援助することが必要とされます。また理学療法士、作業療法士とのかかわりも大切です。

そしてリハビリを始めるようになると、注意をしなくてはいけないのが、入院患者の転倒です。


整形外科では一番多いのが転倒転落であるので、これを予防する看護が大切なのです。



中には理解力のない患者もいます。また高齢の患者も少なくありません。

その患者を転倒などしないように看護師ながら、退院を目指すことが大切なのです。